本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.06-6721-0304

メールでのお問合わせ

供養とは

供養とは

忘れないこと

人は、死を迎えると、その存在は消えてしまうのでしょうか?
いいえ、そうではありません。私たちは、多くの方々が亡くなってなお、残された方々を励まし、助け、支えている場面を数多く見てきました。
亡き人の思いや願いが生者と共に生き続けている事を感じるとき、人はつながりの中で、生死を越えて生き続けることを強く感じます。
供養という行いを通じて、大切な方とのつながりを保ち続けるお手伝いが出来ればと思っています。

私たちは、生死を超えた人とのつながりを、大切にしたいと考えています。
家族や友達、多くの人とのつながりの中で生きる私たち。
でも、いつまでも一緒にいたいという思いとは裏腹に、死の別れは逃れることは出来ないものです。誰にでも訪れる「死」という別れの現実。
でも、「いのちの終わり」が「関係の終わり」になってしまうのでは、あまりに寂しい気がします。一緒に向き合うことは出来ないけれど、その人を心に思い、願いを共にしながら生きていく事が出来れば、それはとても心強く、しあわせなことなのではないでしょうか。
だからこそ私たちは、大切な人との生死を超えた絆を大事にしたいのです。

法事とは、本来お釈迦さまの教え、仏さまの心を知るということでしたが、
しだいに仏事儀礼、行事、そして故人への供養(追善供養)を勤めることが、一般的に法事と呼ばれるようになりました。

したがって供養とは、施主が、仏さまに飲食や花をお供えし、また読経をすることによって、善根(良い行い)の功徳を積むことです。
その功徳を回向(えこう:たむけること)することによって、ご先祖さまや故人に対し
さらに、すべての人びとの冥福を祈り、あわせて自分を含むすべてのものが仏道を
成就することを願うものです。

心のこもった法事がとり行われるように、施主(せしゅ)としての準備とその実際を
心得ておきましょう。


御葬式について

お葬式は故人さまを偲び、生前の労や功績を称え、残された御遺族が執り行う追善供養の始まりであります。
亡くなった者はこの儀式をもって現世を離れ彼岸(涅槃)の世界へと旅立たれます。真心を込めて大切な方をお見送りいたしましょう


店舗写真

information店舗情報

洞源庵

〒577-0802
大阪市府東大阪市小阪本町1-4-7
TEL.06-6721-0304
FAX.06-6721-0304
→アクセス